スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルトレット…

こんにちは^^


今まで紹介してきたクリーム、生地を応用すれば、オーソドックスなケーキはだいたいつくれます。
そして今回は、昨日のクレムダマンドとシュクレ生地を応用して、タルトが作れちゃいます(*´艸`)

まずパティシエールを炊いて冷ましておきます。
クレムダマンドは、常温に冷蔵庫から出しておきましょう。


次に、あらかじめ休めてあるシュクレ生地を薄さ3mmぐらいに伸ばします。
そして、タルト用の型に敷きこみます。この時に使う型というのは、浅いお皿のような型です。側面が波打っているような物もありますが、デザインはお好みで^^
小さい型に敷く時は、型よりも1回りか2回り大きいもので生地を切るか、やや大きめにナイフで生地を切って、生地を敷きこんだあと、余った生地を外にだして上から麺棒等で押して、余分な切って下さい。
型の縁が丸い型の場合なら、型を目線まで持ち上げてナイフの背を型の外に合わせたまま、ナイフを下に引きながら型を内回してください。右利きの人なら、右手を下に引きながら、左手は蛇口を閉める方向に回してください。左利きの人は、型は右手で蛇口を開ける方向に回してください。この生地の切り方のコツは、ナイフを寝かせないようにすることです。ちなみにこの作業、エバルベといいます。

どちらの型にも共通で注意する点があります。まず、生地は破れるということを念頭に入れておいて下さい。
そして、小さい型も大きい型も、型の底と側面の部分にシュクレ生地がしっかり入っていないと見栄えが悪い、ということ。生地を破らないよう、指の腹で優しくしっかりおしこんでください。

生地が入ったら、クレムダマンドを絞り入れます。この生地は少し膨らむので、型の8分目あたりまででいいでしょう。

そしてオーブンへ。目安は、表面の焼き色と、シュクレの焼き色が、おいしそうなキツネ色になってること。

焼き上がったら型にいれたまま荒熱を冷まします。

荒熱がとれたら、パティシエールを表面に絞り、カットしたフルーツを乗せれば、タルトレットオフリュイ、フルーツのタルトの完成です^^

閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Qoo1985

Author:Qoo1985
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。